HOME>ホットトピックス>生前に建てるのも選択肢の一つになっています

見学会の活用

お参り

少子高齢化が進んでいる日本ですが、都市部と地方では状況が異なっています。最たる例がお墓で、都市部においてはお墓を建てる場所の確保に苦労を要しています。有事に慌てないようにするには、墓石の準備だけでも進めておくことです。

墓じまいも視野に

霊園

お墓は立派であれば良いものではなく、次の世代のことも考えて購入するべきです。墓石の種類は様々ですし、産地や大きさによって値段が異なります。幾つかの石材店を見てまわって、違いを比べてから決めるべきです。

グレードの違い

墓石の産地は様々で、最も有名なのが日本産の庵治石だと言われています。時間が経っても光沢が失われることがありませんし、割れや劣化も少ないと言われています。高額な料金になりますが、選んで損のない墓石と言えます。

増える海外産

近年は、墓石の元となる石を輸入に頼る石材店が増えています。中国、台湾、インドネシア、いずれも実績のある産地ですし、素晴らしい石材が輸入されています。値段も手頃で、選択肢の一つに加えておくと良いのではないでしょうか。墓石の値段はあくまでも石だけの値段で、文字の刻印や敷き石は別途お金がかかります。トータルの金額を計算して、失敗のないように最善を尽くして下さい。

広告募集中