HOME>注目記事>仏壇の種類を知れば正しい掃除の仕方の理解も早い
仏壇

仏壇の種類を踏まえて特徴別に掃除をしよう

仏壇掃除をするにあたって事前に知っておきたいのが、仏壇の種類には大きく分けて3つのタイプがあるということです。種類が異なれば、それぞれで正しい仏壇掃除の方法も変わってきますので、大切なご先祖様がおられる仏壇を掃除をしたために壊してしまったという事態を避けられます。まず、仏壇の種類としてもっとも掃除に注意を要するのが金仏壇と呼ばれるタイプで、金箔や漆塗りで仕上げられた非常に豪華な仏壇です。金箔だけでなく金細工も施されているのが特徴ですが、これらの部分にうかつに触れると装飾を台無しにしてしまう恐れがあります。手入れに気を使わなくてよいのは紫檀や黒檀といった木材を使った唐木仏壇で、水を嫌う木材の性質を踏まえておくと掃除が容易なのが特徴です。もう一つが最近主流のお洒落なモダンタイプの仏壇で、一見家具のように見えるウォールナット材やタモといった家具で多く用いられる外国産の木材で作られています。家具に用いられる素材だけに基本的に掃除は簡単ですが、念のためお手入れ方法を確認しておくと安心です。

それぞれの仏壇の掃除の仕方の特徴

金仏壇はとにかく繊細に作られているだけあって、いったん細工部分に埃がたまってしまうと無理にきれいにしようとすることで、逆に装飾部分を台無しにしかねません。漆塗りについても同じことが言えますので、とにかくこまめに埃を払うことが大事です。一定期間を置いて念入りに仏壇掃除をするのではなく、毎日ササっと埃を払う習慣をつけ、埃をためないのが金仏壇の最善の掃除方法と言えます。唐木仏壇は木材とあって、金仏壇のように神経質になる必要がなく仏壇掃除も簡単です。ただし、木材の大半は水気を嫌うことから濡れた布で拭くのではなく、乾拭きが鉄則です。リビングにマッチする洒落た仏壇の掃除は基本的に家具と同じと考えられますが、海外から輸入した木材を使っていることと、デザイン性に富んだ外観作りのために特殊な工法で作られていることがしばしばあります。仏壇掃除をしていたら予期せぬところが壊れてしまったということも考えられるだけに、事前に掃除方法を確認することが必要です。

広告募集中