墓の移転をする人が多くなっている

墓花

今、全国的に墓じまいをする傾向が見られるようになりました。特に地方都市などでは人口減少が続き、ふるさとを捨てて都会で暮らす若者が多くなっていることも、その要因の後押しをしていると考えられます。都会へ出た若者はふるさとへ戻ることなく、やがては墓守りをする人がいなくなるのが現実です。そのため現在あるお墓を撤去して、遺骨を新しい場所へと移転することが多くなりました。この方法を墓じまいと呼ぶことになり、墓じまいするためにはいろいろな手続きや作業が必要になって来ます。墓じまいをするためには、新しいお墓を用意することになりますが、その前に今ある墓を閉じる必要があり、お寺などへのお礼として離檀料を渡すことになります。実際において離檀料金はいくらと決まっている訳ではありませんが、相場感として言われる費用は10万円から20万円と言われます。お布施を別に支払うこともあり、実際には20万円以上を用意しておく場合が多くなっています。

移転には多くの支出が必要になる

女性

墓じまいをしようとする人は、まず墓地の管理者に届け出をすることになります。寺院の墓地ならばお寺、霊園である時は霊園の管理事務所へ申し出ることになり、墓じまいをすることを伝えます。この時問題になるのが、同一の寺院や霊園ではなく、全く別の宗派や霊園に移転する場合です。同一の寺院等の場合では、住職や事務職の人が移転方法を教えてくれることになりますが、別な寺院や霊園の場合では改葬許可証が必要になり、その上新しいお寺や霊園からの受け入れ証明も必要になります。そのため、前もってどこの寺院や霊園に移転をするのか、当初から決めておく必要が出て来ます。次に行うことになるのが閉眼供養で、お墓から遺骨を取り出す儀式になります。この時、墓石を動かすことになるため石材店に作業依頼をすることになり、日程の打合せなどをしっかりと行うことが必要です。またこの時もお布施が必要になり、費用は1万円から5万円程度とも言われています。閉眼供養が終わることで墓じまいになりますが、その時離檀する場合には離檀料が必要になり、その費用として10万円から20万円を用意することになります。その後、お墓の解体撤去となる訳ですが、この時の費用も石材店と打合せすることになります。墓の形や大きさによって費用も変わって来ることになりますので、早めの打合せが必要になって来ます。納骨式や法要などからお布施が必要ですし、新しい墓石にかかる料金も忘れてはなりません。改装許可証や受け入れ証明書においては、自治体や管理者から発行されることになり、わずかですが費用が伴うものと知っておきましょう。

広告募集中